悩みに応じた治療方法。

豊胸手術ができる美容外科ランキング in神戸

悩みに応じた治療方法

ここでは豊胸以外の胸の治療方法を紹介していきます。

陥没乳頭

日本人に多い症状で、表に出ているはずの乳首が内側に埋まってしまっている状態を「陥没乳頭」と言います。刺激すると乳首が出てくる軽度のものから、刺激をしても出てこない重度のものまで、症状はさまざまです。見た目のコンプレックス・美容的な問題だけでなく、授乳時の妨げになるほか、陥没していることでアカが溜まりやすく匂いや乳腺炎の原因にもなります。

施術方法は陥没の状態によりさまざまですが、共通するのは乳頭を引っ張り出してその根元を切って逆戻りを防ぐという方法です。

医師の技術力によっては、形が悪かったり傷跡が残ってしまったりと新たな悩みを引き起こす可能性があるため、熟練した医師を選ぶようにしましょう。

乳頭縮小

「人より乳首が大きい」「授乳で大きくなってしまった」という悩みに応え、大きすぎる乳首を小さく整える方法です。乳首が長い場合は、乳首の根元の皮膚をキノコ型にカットして縫い付ける方法で行い、乳首が大きい場合は、乳首の先端の皮膚をカットして縫いつける方法で行います。このほか、個人の乳頭の形に合わせて様々な手術法があります。乳頭を縮小する手術には、サイズだけでなく乳頭の形を整えられるというメリットもあります。

乳輪縮小

乳輪の大きさが気になる場合に、乳輪の皮膚をドーナツ型に切除縫合して、乳輪を小さく修正する方法です。乳腺を傷つけることもなく、授乳時への影響もありません。

乳房吊上げ(マストペクシー)

授乳や年齢を積み重ねることによって、バストは徐々にハリを失い垂れ下がってきます。たるんでしまった余分な皮膚を取り除き、形を整える方法など症状に応じて治療方法はさまざまです。

バストの大きさを変える事なく、バランス良い、若々しく上を向いた乳房を形成します。

乳房縮小(リダクション)

極度に大きい胸は肩こりや頭痛の原因となったりと、健康的にも障害が出てくることが多いのです。大きすぎるバストも過剰な乳房組織(脂肪・皮膚・乳腺組織)を取り除いて整えることで、小さくバランスの良いバストに形成します。

乳頭・乳輪黒ずみ除去

体質的であったり、出産・授乳を経験することによって乳首は色素の沈着しやすい場所となります。

黒ずみの原因であるメラニンを薄くさせる事で、黒ずんだ乳首・乳輪の色をうっすらピンク色にすることができます。治療方法は薬を塗布する方法やレーザーを照射する方法があります。